さまざまな資格がありますが、どの資格が使えるものなのか徹底的に調査します。

国家資格と民間資格の違いを知ろう

世の中には様々な資格があります。
知名度の高いものや低いもの、社会的信用のあるものとないもの、就職に強いものとそうでないもの、その種類は千差万別です。
中には資格を持っていなくては仕事ができないというものもありますし、特に資格が無くても仕事ができるものがあります。
通常、国家資格は国が定めた試験に合格した者だけに与えられ、その資格がなければその仕事に従事できないものがほとんどですが、 民間資格は定められて基準がないため、ある程度の知識や経験があることの証明に過ぎず、仕事に必須でない場合が多くなっています。
いずれにしても両者の特徴をそれぞれ理解するには、国家資格と民間資格の違いを知っておくことが大切です。

国家資格と民間資格

国家資格

国家資格とは、その名の通り国が認定するものです。
国や、国から委託された機関・団体で試験を行い、合格すれば特定の技能について国からお墨付きをもらえることになります。
そして、取得していないとその仕事に就くことができません。
これは法律で定められているので極めて高い社会的信用を得ることができますし、就職にも強いと言うことができます。
もちろんその分試験は難しく、異常なほど高倍率なものや合格率が極めて低いものも多数存在し、試験を突破するのに何年もかけてチャレンジするような人もいます。
誰でも知っている仕事としては医師や看護師などの医療職がこれにあたります。
また試験が難しいことで有名な建築士や気象予報士なども国家の認定が必要な仕事となります。
弁護士などの「士業」と言われる仕事や、調理師など「~師」とつく仕事の多くもこれに含まれます。

民間資格

一方、民間資格は民間の団体や企業が独自に設けている枠組みとなります。
企業内部で必要なもので社会一般では全く意味のないものから、広く知られていてその資格があるかないかで信用度が違うものまで、濃淡にかなりの差があるのが特徴です。
ファイナルプランシャーや秘書技能検定などはよく知られています。マルチメディア検定や色彩検定など、後に「検定」がつくものはほとんどが民間です。
法律で規制されているわけではないので、持っていないからその仕事に就けないということはありません。 国家の方が試験が難しく社会的に信用度が高いと言えそうですが、全てにおいてそうとは限りません。
あまり知られていないことですが、実はTOEICやTOEFLといった英語の技能検定も民間資格に含まれるのです。
ご存知のようにこれらは国際的な基準が設けられていて非常に信用度が高く、企業の採用活動において、雇用する条件として「TOEIC800点程度」などと求める英語力を表記している場合があります。
また就職活動の際には履歴書に書くことで自身の英語力を証明する有効な手段にもなります。
国家の方はその仕事に就くために絶対必要な認定で、民間の方はその仕事に就くために有利な認定という言い方もできます。

さまざまな◇